建物診断

Building diagnosis

>>建物診断

建物診断

建物診断は、マンションの健康診断のようなものです。
建物の資産価値を守るために、建物の現状を把握し、 適正な時期に適正な大規模修繕工事が実施することが必要とです。
1.建物の重症化防止
マンションの資産価値を守るコツは、早期発見・早期補修
劣化が小さいうちに発見し、修繕を行うことで建物内部に至る深刻な劣化を予防できます。
5年に1回程度は建物診断を実施し、劣化状況を確認することをお勧めしています。
2.マンションの価値を守る
⻑期修繕計画を立て、将来価値ある魅力的なマンション作り
建物の現状がわかると、将来的な工事のタイミングや費用も予測ができるようになります。
建物診断実施後は、現在の修繕計画を確認し、必要な時期に必要な工事が実施できるよう
収支計画に無理がないか点検をしましょう。
3.大規模修繕工事の見極め
必要な工事と適切なタイミングを見極めること
建物にとって本当に必要な工事と適切なタイミングを見極めることで無駄のない充実した工事仕様となり、
効果的な方法で積立金を充てることが可能です。
4.災害の未然防止策
故障箇所を未然に発見し災害や事故による被害を防止する
外壁のタイルやコンクリート片の剥落など、万が一起こってしまった場合、
甚大な被害を引き起 こす危険をはらんでいます。
懸念される故障箇所を未然に発見し、必要な予防措置を講じることができます。
まずは無料診断
CHECK
本当に工事が必要か、
まずは確認を!
無料診断フォーム