大規模修繕工事の進め方

How to proceed with large-scale repair work

>>大規模修繕工事の進め方

修繕工事の一般的な流れ

ここでは、マンションの大規模修繕を検討されている管理組合の方、居住者の皆さまへの参考資料として、
準備段階から竣工後のアフターサービスまで、修繕工事の一般的な流れをご紹介します。

Step.1 建物診断

建物診断
建物の調査・診断を実施して、修繕工事の箇所・内容を検討します。
参考見積書を作成し、工事に必要となるおおよその予算を算出します。
  1. 複数の施工業者に依頼する
  2. 現在ご契約中の管理会社に依頼する
  3. コンサルタントなどの第三者機関に依頼する

Step.2 資金計画

資金計画
修繕工事にかける予算、資金の調達方法を決定します。
参考見積書と用意できる資金を比較して、資金が不足している場合には、
施工範囲の縮小や仕様変更を検討します。
資金が不足した場合の調達方法
  1. 借り入れ・・・・・住宅金融支援機構
  2. 特別積み立て・・・短期間(約1年)
  3. 工事延期・・・・・2年くらい延期して積立

Step.3 施工業者の選定・発注

工業者検討の際は、基準を設け検討すると公正な判断がしやすくなります。
管理会社の担当者がいる場合、事前に見積内容や必要書類の精査・施工実績等のアドバイスをいただくと
施工業者検討の参考になります。複数社からお見積もりを取得し検討しましょう。

Step.4 着工

着工後は、住⺠と施工業者の間で緊密な連絡が大切になります。定例会の開催や現場検査など、
施工業者にまかせっき りにせず、積極的にコミュニケーションをとり、不安や疑問を残さないよう心掛けましょう。
居住者説明会
住⺠説明会を開催し、工事内容を分かりやすく伝え、居住者の皆様が安心して生活ができるように努めています。
  
  
安全・防犯対策
居住者の方に信頼していただけるよう、現場代理人や作業員の教育に力を入れているほか、工事中は、補助ロックの貸し出し、センサーライト設置、ガードマン巡回など、セキュリティにも細心の注意を払っています。

Step.5 アフターフォロー

お客様の資産価値を守る
大規模修繕工事の完了後に発行される保証書をしっかりと確認してください。
RYUSHINでは、修繕後もアフターサービスを通して、住⺠の皆様とコミュニケーションを図り
お客様の資産をサポートしていきます。
どんなことでもお気軽にご相談ください。
0120-11-5436
9:00 -18:00( 土 /日/祝日休 )