外壁塗装工事

Exterior wall painting work

>>外壁塗装工事

外壁塗装工事

外壁塗装工事の役割は、マンションやビルの外観をきれいに見せる効果はもちろん、外壁の塗装膜の性能を維持し、
マンションやビルの構造と寿命を⻑持ちさせること、資産価値を高めることです。

外壁塗装工事の素材

マンションやビルの外壁に使われている素材は、コンクリートモルタル(砂とセメントと砂利と水を混ぜたもの)や、
サイディングと呼ばれる、ボード状の外壁材が一般的です(ALC、トタン、タイ ル、板張り)

外壁塗装工事の素材

外壁塗装の目安期間

外壁の下地は、塗装による皮膜で守られていますが、年月ととも劣化し、はがれたり、ひび割れたりします。
皮膜が破れると下地にまで影響が及び、柱や土台といった住居の構造部分まで劣化させてしまうこともあります。
環境や使われている塗装材の耐久性によりタイミングは変わってきますが、モルタル壁の場合は、10年前後で塗装材を塗り替えるのが一般的です。
サイディングの場合も、塗装材の種類にもよりますが、塗り替えのタイミングは10年前後、サイディング自体の交換は25〜30年が目安になります。
【外壁塗装の目安期間表】
コンクリートモルタル
5年目 (点検)
10年目 塗装
15年目 (点検)
20年目 塗装
30年目 (点検)
30年目 塗装
サイディング
5年目 (点検)
10年目 塗装
15年目 (点検)
20年目 サイディング・下地交換
30年目 サイディング・下地交換
5年目 10年目 15年目 20年目 30年目 30年目
コンクリート
モルタル

(点検)

塗装

(点検)

塗装

(点検)

塗装

サイディング

(点検)

塗装

(点検)

塗装

サイディング・下地交換

【外壁塗装の目安期間表】
ヘアクラック
原因 塗膜などの劣化
詳細 下地ではなく、塗膜にごく細いひびが入る
下地 コンクリートモルタルサイディング
クラック
原因 乾燥によるモルタルの収縮、建物の構造的な歪み
詳細 下地がひび割れる
下地 コンクリートモルタル
チョーキング
原因 紫外線・熱で劣化し、顔料が粉状になって残る
詳細 壁全体にチョークのような細かい粉がふく
下地 モルタルサイディング(窯業系)
シーリングの痩せ・ひび割れ
原因 シーリング材の劣化
サイディングの反り
詳細 接合部・目地にひび割れが入る
下地 サイディング
白サビ
原因 サイディングの鋼板を保護しているめっきの腐食
詳細 壁に白い細かな粒が現れる
下地 サイディング(金属系)
状態 原因 詳細 下地
ヘアクラック

塗膜などの劣化

下地ではなく、塗膜にごく細いひびが入る

コンクリートモルタルサイディング

クラック

乾燥によるモルタルの収縮、建物の構造的な歪み

下地がひび割れる

コンクリートモルタル

チョーキング

紫外線・熱で劣化し、顔料が粉状になって残る

壁全体にチョークのような細かい粉がふく

モルタルサイディング(窯業系)

シーリングの
痩せ・ひび割れ

シーリング材の劣化
サイディングの反り

接合部・目地にひび割れが入る

サイディング

白サビ

サイディングの鋼板を保護しているめっきの腐食

壁に白い細かな粒が現れる

サイディング(金属系)

外壁塗装工事の事例

天井の塗装
天井の塗装状況
外壁の塗装
外壁の塗装状況
外壁の塗装
外壁の塗装状況
(コンクリート打ち放し)
どんなことでもお気軽にご相談ください。
0120-11-5436
9:00 -18:00( 土 /日/祝日休 )