タイル補修工事

Tile repair work

> ビル・店舗改修工事 > 躯体補修工事 > タイル補修工事

タイル補修工事

外壁タイル工事は、建物の劣化を保護するという重要な役割があります。
外壁は経年劣化により外壁タイルが剥がれたりヒビが入ったりしてきます。
そのまま放置すると、雨水が建物のなかまで侵入し、建物の構造部を劣化させ、建物の耐久性を損なう恐れがあります。
建物の耐久性を向上させ、災害を防止するには、5〜10年ごとの定期的なメンテナンスが必要です。

タイル補修工事の種類

1.外壁タイル部分剥落防止工事
エポキシ樹脂タイル固定
エポキシ樹脂タイル固定
タイル表面に直接穴をあけ注入口付アンカーピンを挿入し、さらにエポキシ樹脂を注入することで外壁タイルの落下を効果的に食い止めます
エポキシ樹脂注入
エポキシ樹脂注入
外壁タイルや下地モルタルの浮き箇所に部分的にエポキシ樹脂とステンレスアンカーを併用して浮き部分の剥落を防止します。
2.外壁タイル防水工事
塗膜防水・保護工法
塗膜防水・保護工法
耐久性に優れた特殊アクリル樹脂の透明塗膜で、外観を損なわずに⻑期にわたって建物を保護し、タイルの剥落防止にも効果を発揮します。
3.外壁タイル洗浄工事
高圧水洗浄
高圧水洗浄
専用の洗浄剤と高圧の温水を使用し、スピーディ に外壁タイル面の汚れを除去します。光触媒コー ティングとの併用で建物メンテナンスの手間の削 減や資産価値の向上につながります。

大規模修繕工事の種類

大規模修繕工事には様々な種類の工事があります。ここでは代表的な工事6種目についてご紹介します。
外壁塗装工事の素材
仮設工事
建設工事の終了後は撤去される一時的な施設や設備の工事
躯体補修工事
躯体補修工事
ひび割れ、コンクリートの浮きの劣化箇所を補修する工事
シーリング工事
シーリング工事
外壁のコンクリートのつなぎ目をシーリング材で埋める修繕工事
塗装工事
塗装工事
主に外壁の塗装に関する工事
防水工事
防水工事
雨や雪、紫外線や風、熱などから建物を守り、防水保護する工事
外構工事
外構工事
建物本体以外の外部廻りの工事。
舗装工事、排水工事、植栽工事など。
どんなことでもお気軽にご相談ください。
0120-11-5436
9:00 -18:00( 土 /日/祝日休 )