シーリング工事

Sealing work

>>シーリング工事

シーリング工事とは

外壁のコンクリートとコンクリートのつなぎ目(隙間)をシーリング材で埋める修繕工事です。
主に外壁の打継ぎ目地の隙間・サッシュ廻りや手摺付根廻りなどに、ウレタンなどのやわらかい材質を充填し、
防水層を構成し、目地や隙間からの水の浸入を防ぎます。

シーリングをする目的

シーリング工事つなぎ目から侵入する「雨漏りを防ぐ防水性」と地震などにより建物が揺れた際に「伸縮性により建物を守る耐震性」にあります。

シーリングの劣化

シーリングの劣化
シーリングは5~10年で劣化が始まります。 起こる現象は「ひび割れ」「痩せ」「剥離」の3つがあります。
1.ひび割れ
シーリングは5~10年で劣化が始まります。 起こる現象は「ひび割れ」「痩せ」「剥離」の3つがあります。
2.痩せ
シーリング材に新築時のボリュームがなくなり、目地に対して必要な分量を欠いてしまうことです。
3.剥離
2回目以降のシーリング工事の場合に起こりやすく、古いシーリングの除去を行わずに打ち増したことにより、
外壁とシーリングの間に溝ができてしまうことです。

シーリング工事の主な流れ

施工前
施工前
施工前の状態でタイルとの切り替え部分にシーリング工事をしていきます。
シーリング撤去
シーリング撤去
既存のシーリングをバスコークカッ ターや一般のカッターで丁寧に剥がしていきます。
シーリング材充墳
シーリング材充墳
プライマーを塗布した後、シール材を打ち詰めていきます。 
 
へら押え
へら押え
充填したシール材を平滑に均します
 
施工完了
施工完了
タイルの継ぎ目(中央の溝のように見える部分)にシーリング工事をしました

大規模修繕工事の種類

大規模修繕工事には様々な種類の工事があります。ここでは代表的な工事6種目についてご紹介します。
外壁塗装工事の素材
仮設工事
建設工事の終了後は撤去される一時的な施設や設備の工事
躯体補修工事
躯体補修工事
ひび割れ、コンクリートの浮きの劣化箇所を補修する工事
シーリング工事
シーリング工事
外壁のコンクリートのつなぎ目をシーリング材で埋める修繕工事
塗装工事
塗装工事
主に外壁の塗装に関する工事
防水工事
防水工事
雨や雪、紫外線や風、熱などから建物を守り、防水保護する工事
外構工事
外構工事
建物本体以外の外部廻りの工事。
舗装工事、排水工事、植栽工事など。
どんなことでもお気軽にご相談ください。
0120-11-5436
9:00 -18:00( 土 /日/祝日休 )