FRP防水工事

FRP waterproof

>>FRP防水工事

FRP防水の特徴

FRP防水にすると木や鉄のように錆びたり腐ったりしない為、
メンテナンス性に優れている特徴があります。
または防水層は軽量かつ強靭、耐熱性・耐食性・耐候性などに優れているという点もあります。
FRP防水は、液状の不飽和ポリエステル樹脂に硬化剤を加えて混合し、
この混合物をガラス繊維などの補強材と組み合わせて一体にした塗膜防水です。
従って出来上がった防水層は、継ぎ目のないシームレスな層となり、優れた防水性能を発揮します。

FRP防水のおすすめ部位

防水の中でも非常に軽いことや歩行用として向いています。
そのメリットから、ベランダ防水の8割がFRP防水だと言われています。
ベランダのFRP防水工事
ベランダ
汚れや傷がつく前にFRP防水工事を行うことで、工事を行う前よりも⻑い期間、雨漏りの心配がない綺麗な状態で使用できるようになります。
ルーフバルコニーのFRP防水工事
ルーフバルコニー
雨や風を受けるバルコニーでは、FRP防水工事を行うことで、工事を行う前よりも⻑い期間、雨漏りの心配がない綺麗な状態で使用できるようになります。

FRP防水のメンテナンス方法

年月が経つとゴムシート箇所の劣化が発生してきます。主な症状とメンテナンス方法をご紹介します。
1.劣化が少なく補修不要の場合
トップコートの塗り替え塗装工事
2.部分的に補修箇所がある場合
FRP(ガラス繊維)の部分貼り補修
3.部分的補修が全面にある場合
FRP(ガラス繊維)の防水層全面張り直し
4.防水の下地から改修する場合
下地の改修とFRP防水の全面張り直し
どんなことでもお気軽にご相談ください。
0120-11-5436
9:00 -18:00( 土 /日/祝日休 )