雨漏り漏水の悩み

Worry of water leakage

>>雨漏り漏水の悩み

雨漏り漏水の悩みとは

住宅被害で毎年1位は雨漏りであり、当社にも数多くの相談が寄せられています。
雨漏りには、 様々な原因はありますが、ここでは特に声の多かったものをあげています。
比較的新しいお家には雨漏りはしないなんて事は言い切れません。
入居されて間がない場合でも確認してみましょう。

雨漏りの主な原因

サッシ廻り
サッシ廻り
サッシ廻りの防水テープや防水紙の施工不備
外壁からの侵入
外壁からの侵入
モルタルのクラック(ひび割れ)などの外壁からの浸入によるもの
屋根や屋上
屋根や屋上
屋根の老朽化によるもの、地震や不動沈下などのズレによるもの

雨漏り漏水の悩みの工法

ご自身で雨漏りをチェックすることも可能です。以下のようなポイントをチェックすると良いでしょう。
  • 目視で瓦がずれていたり割れていたりしないか
  • 屋根材やコーキング部分が劣化してはげている部分は無いか
  • 壁から雨漏りする場合は外壁にひび割れが無いか
  • 窓・ベランダなどのコーキング部分が劣化していないか
外壁など、わずかな修理で問題が無くなりそうな場合はコーキング剤で直すこともできますが、
応急処置と考え、専門業者に依頼することをお勧めします。

雨漏りの修理方法

主な原因 修理方法
サッシ廻りの防水テープや防水紙の施工不備

防水紙や防水テープ・コーキング材を取り換える方法とサッシ全体を取り換える必要があります。

モルタルのクラック(ひび割れ)などの外壁からの浸入によるもの

外壁はサイディングやレンガ、さらに塗装などで防水されています。
この外壁材が劣化すれば、防水効果が低下し、雨漏りしやすくなります。
10年を目安に定期的なメンテナンスが必要です。

屋根の老朽化によるもの、地震や不動沈下など のズレによるもの

天井のシミ、和瓦のズレ・割れ、天窓設置部の損傷など屋根の老朽化による
雨漏りがある場合は塗装工事、防水工事、交換が必要です。

サッシ廻りの防水テープや防水紙の施工不備
修理方法

防水紙や防水テープ・コーキング材を取り換える方法とサッシ全体を取り換える必要があります。

モルタルのクラック(ひび割れ)などの外壁からの浸入によるもの
修理方法

外壁はサイディングやレンガ、さらに塗装などで防水されています。 この外壁材が劣化すれば、防水効果が低下し、雨漏りしやすくなります。 10年を目安に定期的なメンテナンスが必要です。

屋根の老朽化によるもの、地震や不動沈下など のズレによるもの
修理方法

天井のシミ、和瓦のズレ・割れ、天窓設置部の損傷など屋根の老朽化による雨漏りがある場合は塗装工事、防水工事、交換が必要です。

どんなことでもお気軽にご相談ください。
0120-11-5436
9:00 -18:00( 土 /日/祝日休 )