防犯対策

Crime prevention measures

>>防犯対策

防犯対策

戸建て住宅は空き巣被害に遭う確率がマンションに比べ非常に高いです。
警察庁の統計では、侵入窃盗被害の40%は戸建て住宅で発生していると言われています。
また、侵入経路の50%は窓からであり、安全を守るためしっかりとした防犯対策が必要です。

Point.1 防犯ガラス・防犯フィルムを使用

防犯ガラス
【防犯ガラス】
窓からの侵入方法で一番多いのは、ガラス破りです。
防犯ガラスを設置してガラス破りを防ぐことが、防犯対策として有効になります。
また、防犯対策だけでなく、台風や地震などの災害対策にもなります。
特殊機構なので、割れた場合でも破片が散乱しません。
防犯フィルム
【防犯フィルム】
防犯ガラスを新たに取り付けるのは、お金と時間がかかります。
そこでおすすめなのが、防犯フィルムを既存の窓に貼ることです。
防犯フィルムを貼るだけで防犯性能は高まります。

Point.2 サッシに補助錠の設置・クレセント錠の交換

補助錠
【補助錠】
ガラス破りについで多い窓からの侵入方法が、鍵を壊す方法です。
防犯対策は、サッシに補助錠を取り付けることです。
補助錠を取り付けることで、侵入を遅らせ諦める効果が期待できます。
クレセント錠の交換
【クレセント錠の交換】
既にあるクレセント錠が古くなってしまうことにも注意が必要です。
クレセント錠が古くなると、外から窓を揺らすだけで段々と動いて 開いてしまうことがあります。
10年を目安に新しいものに取り替えるようにしましょう。

Point.3 防犯面格子・防犯シャッターの設置

防犯面格子の取り付け
【防犯面格子の取り付け】
ガラスのルーバー式窓を採用している戸建て住宅は多いです。
特にブラインドのようなルーバー式窓は、非常に侵入しやすいことで知られています。
ルーバー式窓には、防犯面格子を設置して対策するのがおすすめです。
防犯シャッターの設置
【防犯シャッターの設置】
大きな窓には、防犯シャッターを取り付けるようにしましょう。
⻑期にわたって家を空ける場合でも安心です。
台風などの災害時にも効果があります。

Point.4 ピッキング・穴空け対策

ディンプルキーの設置
【ディンプルキーの設置】
窓に次いで多い侵入場所が、玄関です。
手口としては、ピッキングやドリルを使って穴を空けるものがあります。
ピッキングを防ぐには、ディンプルキーに換えるのが有効です。
ディンプルキーは、ピッキングに強く、交換も容易です。

Point.5 外灯、センサーライトを設置

センサーライトを設置
【センサーライトを設置】
昼間は見通しが利いていても、夜になると真っ暗というのでは防犯対策は不充分です。 外灯を設置して、夜でも死角を作らないようにしましょう。
常時つけたままではお金の無駄だと感じる人もかなりいます。
そういった場合には、人感センサーの照明を設置するのが経済的です。
LED照明にすると、より省エネ化を実現できます。
どんなことでもお気軽にご相談ください。
0120-11-5436
9:00 -18:00( 土 /日/祝日休 )