鉄部塗装工事

Urethane waterproofing work

>>鉄部塗装工事

鉄部塗装工事

鉄部塗装工事とは、マンションやビルの共用部の鉄製品(機械式駐車場、駐輪機、各種BOX類や盤 等)を塗装する工事で、
一般的には5年のサイクルで実施します。
特に雨風が頻繁に当たるような 場所の共用鉄部については、早めの処置をお勧めいたします。

鉄部塗装工事の対象部位

マンションやビル内の鉄でできている箇所はすべて対象になりますが、
⻑期修繕計画の中ではおおよそ次の項目があげられています。
【対象部位】
高架水槽架台 塔屋鉄骨 屋上各種配管 鉄骨階段 消火栓ボックス 竪樋 玄関扉枠
防火扉 パイプシャフト扉 廊下照明器具 メーターボックス エレベーター扉 バルコニー手摺 隔て板
ルーフドレイン 自転車置き場 機械式駐車場 外構フェンス 屋外照明器具 バルコニー手摺 受水槽架台
高架水槽架台
塔屋鉄骨
屋上各種配管
鉄骨階段
消火栓ボックス
竪樋
玄関扉枠
防火扉
パイプシャフト扉
廊下照明器具
メーターボックス
エレベーター扉
バルコニー手摺
隔て板
ルーフドレイン
自転車置き場
機械式駐車場
外構フェンス
屋外照明器具
バルコニー手摺
建築後10〜12年程度で実施する大規模修繕工事までに、足場を必要としない部位(屋上周り・開放廊下・外構など)は、
少なくても中 間に一度は鉄部塗装する事が望まれます。

鉄部塗装工事の対象部位

鉄部塗装を施工するにあたっては、主に次の点に注意して実施します。
【飛散防止】 現場での吹付け塗装は避けて刷毛・ローラー塗装とします。
そうする事で殆ど飛散の心配はありませんが、マスキングや床の養生は確実に行ってから塗装に入ります。
【臭いの対策】 作業の際には日時の告知を行い、出来るだけサッシや玄関扉などを締めて頂くようご案内したり、
玄関枠塗装の際には防錆材入の仕上げ材を使って塗装回数を減らすなどの対応を行います。
【錆止め】 一般的には錆止め1回塗りですが、特に発錆が進行していたり一部腐蝕が発生している場合、
部分的に2回塗りを行います。
【飛散防止】
現場での吹付け塗装は避けて刷毛・ローラー塗装とします。
そうする事で殆ど飛散の心配はありませんが、マスキングや床の養生は確実に行ってから塗装に入ります。
【臭いの対策】
作業の際には日時の告知を行い、出来るだけサッシや玄関扉などを締めて頂くようご案内したり、玄関枠塗装の際には防錆材入の仕上げ材を使って塗装回数を減らすなどの対応を行います。
【錆止め】
一般的には錆止め1回塗りですが、特に発錆が進行していたり一部腐蝕が発生している場合、部分的に2回塗りを行います。

鉄部塗装工事の事例

共用部の鉄製品を塗装替えする工事です。
発錆箇所、塗膜脆弱箇所は、手工具にて入念にケレンします。
錆止め材を塗布後、刷毛、ローラーにて中塗り、仕上げ塗装を行ないます。
壁の鉄部塗装工事
屋根の鉄部塗装工事
床の鉄部塗装工事
どんなことでもお気軽にご相談ください。
0120-11-5436
9:00 -18:00( 土 /日/祝日休 )