防水工事

Painting work

>>防水工事

防水工事

マンションやビルなどの建物は常に雨や雪、紫外線や風、熱などによる影響を受けています。
防水工事とはこれら自然の様々な事象から建物を守り、保護する工事です。

防水工事の役割

コンクリート建造物の雨や水にさらされる部分を防水処理することで、建物内部に水が染み込むことを防ぎ、
快適な居住空間を作り出すと同時に建物の寿命を延ばします。
また、合わせて美観形成を図ることで資産価値の維持に貢献します。
ウレタン防水 通気緩衝工法
長尺シート
アスファルト防水 常温工法

防水工事はなぜ必要か?

マンションやビルなどの鉄筋コンクリート建物では、わずかなひび割れなどが存在しています。
最初は影響がなくても年月が経過すると共に、そのひび割れが少しずつ大きくなっていき、
最終的に水漏れの原因となります。そうなると建物自体の寿命も短くなってしまいます。
こうなる前に防水・塗装工事をしておくことで建物そのものの寿命を延ばすことが出来、
なおかつ資産価値の維持にもなります。
つまり、防水工事・塗装工事をすることは、水漏れを防ぐだけではなく、建物そのものの寿命を延ばし、
かつ、その建物の資産価値を維持するために必要なのです。

防水工事にはどのような種類があるの?

種類 ウレタン防水
耐久年数 10年~12年程度
おすすめの部位 全ての箇所
目安となる価格 普通
種類 塩ビシート防水
耐久年数 10年~13年程度
おすすめの部位 屋上
目安となる価格 安い
種類 ゴムシート防水
耐久年数 10年~13年程度
おすすめの部位 屋上
目安となる価格 安い
種類 アスファルト防水
耐久年数 15年~20年程度
おすすめの部位 屋上
目安となる価格 高い
種類 FRP防水
耐久年数 10年程度
おすすめの部位 ベランダ、バルコニー
目安となる価格 普通
種類 長尺シート
耐久年数 10年~12年程度
おすすめの部位 バルコニー、共用廊下など
目安となる価格 高い
種類 耐久年数 おすすめの部位 目安となる価格
ウレタン防水

10年~12年程度

全ての箇所

普通

塩ビシート防水

10年~13年程度

屋上

安い

ゴムシート防水

10年~13年程度

屋上

安い

アスファルト防水

15年~20年程度

屋上

高い

FRP防水

10年程度

ベランダ、バルコニー

普通

長尺シート

10年~12年程度

バルコニー、共用廊下など

高い

ウレタン防水

特徴
ウレタン防水は、ポリイソシアネートを主成分とする主剤と、ポリオールを主成分とする硬化剤を、撹拌して塗膜する防水法です。
下地の形状に馴染みやすく、水密性が高い連続皮膜が得られるのが特徴です。
メリット
ウレタン防水は、液体のウレタンを塗膜することによって防水層を形成する工法なので、下地の形状に馴染みやすく、また簡単で短期間で終わり、さらに安価であるという長所があります。
デメリット
ウレタン防水は簡単に安価に防水層を塗膜できる工法のため、最近広く使われています。
短所らしい短所はあまりありません。
あえて挙げるのであれば、経年による劣化と、亀裂に弱いことが挙げられます。
特徴 ウレタン防水は、ポリイソシアネートを主成分とする主剤と、ポリオールを主成分とする硬化剤を、
撹拌して塗膜する防水法です。
下地の形状に馴染みやすく、水密性が高い連続皮膜が得られるのが特徴です。
メリット ウレタン防水は、液体のウレタンを塗膜することによって防水層を形成する工法なので、
下地の形状に馴染みやすく、また簡単で短期間で終わり、さらに安価であるという⻑所があります。
デメリット ウレタン防水は簡単に安価に防水層を塗膜できる工法のため、最近広く使われています。
短所らしい短所はあまりありません。
あえて挙げるのであれば、経年による劣化と、⻲裂に弱いことが挙げられます。

塩ビシート防水

特徴
塩ビシート防水工事は、塩化ビニール樹脂で作られた防水シートを接着剤などで下地に貼り付ける工法です。
接着剤で貼る工法で施工性に優れており、複雑な形状でもシート同士を熱風で溶かして一体化できます。
メリット
塩ビシート防水は、耐候性の良い塩化ビニール樹脂をベースに、耐久性を付与した防水シートを使用した工法です。
紫外線・熱・オゾンに優れた耐久性を持ちます。
デメリット
シートを使用するので、しっかり接着するためには下地が平らである必要があります。
シート同士の接合をしっかりする必要がありますが、接着剤でうまくいかない場合は、熱風で溶かして接着する必要があります。
またシートを急に曲げたりすると、切れやすくなります。
特徴 塩ビシート防水工事は、塩化ビニール樹脂で作られた防水シートを接着剤などで下地に貼り付ける工法です。
接着剤で貼る工法で施工性に優れており、複雑な形状でもシート同士を熱風で溶かして一体化できます。
メリット 塩ビシート防水は、耐候性の良い塩化ビニール樹脂をベースに、耐久性を付与した防水シートを使用した工法です。
紫外線・熱・オゾンに優れた耐久性を持ちます。
デメリット シートを使用するので、しっかり接着するためには下地が平らである必要があります。
シート同士の接合をしっかりする必要がありますが、接着剤でうまくいかない場合は、
熱風で溶かして接着する必要があります。
またシートを急に曲げたりすると、切れやすくなります。

ゴムシート防水

特徴
シート状に成形した合成ゴム系の防水シートを、接着剤などで下地に貼り付ける防水工法です。
シートそのものは安定した分子構造を持ち、ゴムのため伸縮性が高く、耐候性にも優れますが、シート同士の接着は接着剤と粘着テープによるので、溶融一体化しないという特徴があります。
メリット
材質が合成ゴムなので、伸縮性が高く伸びがあり、下地の⻲裂にも柔軟に追随することです。
温度による物性変化が少ないので、施工地域による制約も少なく、耐用年数も⻑いです。
デメリット
シート同士を貼り合わせるので、接着剤の性能がそのまま防水の性能となる傾向があり、接着剤の耐用年数が問題になります。
紫外線でシートが次第に劣化していき、またシート自体が薄いため、鳥害や衝撃に弱いという特⻑もあります。
特徴 シート状に成形した合成ゴム系の防水シートを、接着剤などで下地に貼り付ける防水工法です。
シートそのものは安定した分子構造を持ち、ゴムのため伸縮性が高く、耐候性にも優れますが、
シート同士の接着は接着剤と粘着テープによるので、溶融一体化しないという特徴があります。
メリット 材質が合成ゴムなので、伸縮性が高く伸びがあり、下地の⻲裂にも柔軟に追随することです。
温度による物性変化が少ないので、施工地域による制約も少なく、耐用年数も⻑いです。
デメリット シート同士を貼り合わせるので、接着剤の性能がそのまま防水の性能となる傾向があり、
接着剤の耐用年数が問題になります。
紫外線でシートが次第に劣化していき、またシート自体が薄いため、鳥害や衝撃に弱いという特⻑もあります。

アスファルト防水

特徴
アスファルト防水とは、合成繊維不織布にアスファルトを含ませコーティングした、シート状のルーフィングを貼り重ねて形成する工法です。
ルーフィングを積層することにより水密性に優れた防水層が構成されます。
メリット
アスファルトを染み込ませるので、防水性能を確保しやすく、コストもそれほどかかりません。
防水層が厚く連続するので、水密性が高いのも特徴です。
デメリット
高熱で溶かす必要があるのでその際危険があり、工事中に臭いが発生します。
幾層も重ねた上にアスファルトを流す手間もかかるので、工事の手間が多くなります。
特徴 アスファルト防水とは、合成繊維不織布にアスファルトを含ませコーティングした、
シート状のルーフィングを貼り重ねて形成する工法です。
ルーフィングを積層することにより水密性に優れた防水層が構成されます。
メリット アスファルトを染み込ませるので、防水性能を確保しやすく、コストもそれほどかかりません。
防水層が厚く連続するので、水密性が高いのも特徴です。
デメリット 高熱で溶かす必要があるのでその際危険があり、工事中に臭いが発生します。
幾層も重ねた上にアスファルトを流す手間もかかるので、工事の手間が多くなります。

FRP防水

特徴
強度が高く耐久性に優れたFRP(ガラス繊維強化プラスチック)を応用し、FRPの被覆防水層を形成する工法です。
その防水層は軽量かつ強靭で、耐水・耐食・耐候性に優れていることが特⻑です。
メリット
耐久性に優れ、重歩行や車両の走行も可能です。様々な形状に施工でき、継ぎ目のないシームレスな層を形成します。
下地への密着性が強いので防水性に優れ、下地の膨張・圧縮にも剥離の心配は少ないです。
デメリット
紫外線が⻑期間当たると、劣化してヒビ割れてしまうこと。これが最大の欠点です。
定期的にトップコートを塗り替える必要があります。
伸縮しにくいので、地震などで建物が揺れた場合も、ヒビの危険性があります。
特徴 強度が高く耐久性に優れたFRP(ガラス繊維強化プラスチック)を応用し、FRPの被覆防水層を形成する工法です。
その防水層は軽量かつ強靭で、耐水・耐食・耐候性に優れていることが特⻑です。
メリット 耐久性に優れ、重歩行や車両の走行も可能です。様々な形状に施工でき、継ぎ目のないシームレスな層を形成します。
下地への密着性が強いので防水性に優れ、下地の膨張・圧縮にも剥離の心配は少ないです。
デメリット 紫外線が⻑期間当たると、劣化してヒビ割れてしまうこと。これが最大の欠点です。
定期的にトップコートを塗り替える必要があります。
伸縮しにくいので、地震などで建物が揺れた場合も、ヒビの危険性があります。

⻑尺シート

特徴
シート状に成形した合成ゴム系の防水シートを、接着剤などで下地に貼り付ける防水工法です。
シートそのものは安定した分子構造を持ち、ゴムのため伸縮性が高く、耐候性にも優れますが、シート同士の接着は接着剤と粘着テープによるので、溶融一体化しないという特徴があります。
メリット
  • 汚れにくく、掃除がしやすく
  • 意匠性に優れ
  • 足音を軽減する
デメリット
接着剤や下地合板の劣化により剥がれやすくなります。
⻑期間使うと剥がれてくるので、再度の接着や定期的な張替えが必要となります。
特徴 シート状に成形した合成ゴム系の防水シートを、接着剤などで下地に貼り付ける防水工法です。
シートそのものは安定した分子構造を持ち、ゴムのため伸縮性が高く、耐候性にも優れますが、
シート同士の接着は接着剤と粘着テープによるので、溶融一体化しないという特徴があります。
メリット
  • 汚れにくく、掃除がしやすく
  • 意匠性に優れ
  • 足音を軽減する
デメリット 接着剤や下地合板の劣化により剥がれやすくなります。
⻑期間使うと剥がれてくるので、再度の接着や定期的な張替えが必要となります。

大規模修繕工事の種類

大規模修繕工事には様々な種類の工事があります。ここでは代表的な工事6種目についてご紹介します。
外壁塗装工事の素材
仮設工事
建設工事の終了後は撤去される一時的な施設や設備の工事
躯体補修工事
躯体補修工事
ひび割れ、コンクリートの浮きの劣化箇所を補修する工事
シーリング工事
シーリング工事
外壁のコンクリートのつなぎ目をシーリング材で埋める修繕工事
塗装工事
塗装工事
主に外壁の塗装に関する工事
防水工事
防水工事
雨や雪、紫外線や風、熱などから建物を守り、防水保護する工事
外構工事
外構工事
建物本体以外の外部廻りの工事。
舗装工事、排水工事、植栽工事など。
どんなことでもお気軽にご相談ください。
0120-11-5436
9:00 -18:00( 土 /日/祝日休 )