ゴムシート防水工事

Urethane waterproofing work

>>ゴムシート防水工事

ゴムシート防水の特徴

塩シート状に成型した防水ゴムシートを、接着剤で下地に貼り付ける防水工法です。
合成ゴムシートの優れた点は、なんといっても伸縮性の高さと耐候性です。
また、シートを接合するには接着剤と粘着テープを使用するため、塩化ビニールシートのように熱で溶けないといった利点があります。
比較的安く仕上がるため、人目に触れない場所や、応急処置を目的とした防水工事に向いています。

ゴムシート防水の工法

ゴムシート防水には様々な工法がありますが、ここでは3つの工法をご紹介いたします。
【密着工法】
裏面に専用ボンドを塗布してある(糊つき)や、表面にカラーゴム層を積層したシートを利用した工法です。
【断熱工法】
断熱材の厚みを変えることにより、用途に合わせた断熱効果が得られます。
吸湿しにくく、下地になじみやすい断熱材を使用しています。
【ペーパーフリー工法】
通気シートを積層した特殊シートにより、下地の水蒸気を拡散して膨れを抑制します。
コンクリートの改修など水分の多い下地に適しています。

ゴムシートの劣化とメンテナンス

年月が経つとゴムシート箇所の劣化が発生してきます。主な症状とメンテナンス方法をご紹介します。
1.防水層のふくれ
防水層の下に空気や雨水が入り込んでふくれている
比較的小さい部分的なふくれ : 部分補修
全体的に多くの箇所でふくれが発生 : 要改修工事
2.貼り合わせ部分の剥がれ
劣化により貼り合わせ部が剥がれている
部分的なら熱溶着も可 : 部分補修
剥がれ箇所が多すぎる場合 : 要改修工事
3.工防水層端部の不具合など
⻲裂など防水層端部の不具合
端部雨仕舞の不具合 : 要補修又は改修工事

ゴムシート防水のメリット

  1. コストが安い
  2. 伸縮性、耐候性に⻑けている
  3. 工期が短くて済む。
  4. ゴムなので、軽度のクラック等にも対応

ゴムシート防水のデメリット

  1. 複雑な形状には向かない。
  2. 施工者による精度のバラツキが生じてしまう。
  3. 塩ビシートよりも耐候性で劣る。

塩ビシート防水とゴムシート防水の比較

シートの厚さは、塩ビシート防水が1.5mm〜2.5mm程度なのに対し、ゴムシート防水は1.2mm〜2.0mm程度と塩ビシートに比べ薄いです。
寿命はいずれも13〜15年と変わらないですが、ゴムシート防水はシートが薄い分外部からの衝撃に弱いとされています。
どんなことでもお気軽にご相談ください。
0120-11-5436
9:00 -18:00( 土 /日/祝日休 )