外壁塗装工事

Exterior wall painting work

外壁塗装工事

外壁塗装工事を行えばマンションやビルの外観をきれいに見せることができます。
しかし、塗装の役割はそれだけではありません。外壁の塗装膜には建物の劣化を防ぐという重要な役割があるのです。

外壁塗装工事を行うことで、マンションやビルの構造と寿命を長持ちさせ、物件の資産価値向上にもつながります。
しかし、適切なタイミングで工事を行わなければその効果を十分に得ることはできません。この記事では外壁塗装の塗り替え時期や劣化のサインなどについて解説します。

外壁塗装工事

外壁塗装の時期と種類

外壁塗装の塗り替え時期

外壁塗装の塗替え時期を左右する要素としてます挙げられるのが壁の材質です。マンションやビルでは主にコンクリート壁、モルタル壁、サイディングの3種類がいずれも塗り替えの周期は10年が基本です。ただし、5年ごとにひび割れや塗料の劣化などがないか点検されることをおすすめします。5年目は点検、10年目は塗装、15年目は点検……というサイクルが理想です。

異常を早く察知して適切に対処することで、建物の寿命をさらに延ばすことができます。
また、サイディングに関しては30年を目処にサイディング材と下地の交換を行いましょう。

【外壁塗装の目安期間表】
コンクリート壁
モルタル壁
5年目 (点検)
10年目 塗装
15年目 (点検)
20年目 塗装
30年目 (点検)
30年目 塗装
サイディング
5年目 (点検)
10年目 塗装
15年目 (点検)
20年目 サイディング・下地交換
30年目 サイディング・下地交換
5年目 10年目 15年目 20年目 30年目 30年目
コンクリート壁
モルタル壁

(点検)

塗装

(点検)

塗装

(点検)

塗装

サイディング

(点検)

塗装

(点検)

塗装

サイディング・下地交換

外壁塗装の種類と耐用年数

もうひとつ、塗替え時期が決まる要素として塗料の種類が挙げられます。
下表に各種塗料の耐用年数と施工単価(1㎡あたりの作業料金)をまとめました。2階建ての一戸建てでも百万円程度はかかります。

前章では10年周期で塗装を行うべきと解説しましたが、たとえばアクリル塗料など耐用年数が10年より短い場合は塗料の耐用年数が過ぎたら塗替えを行う必要があります。

【外壁塗装の目安期間表】
アクリル塗料
耐久年数 3~8年
施工単価 1,000~1,800円/㎡
ウレタン塗料
耐久年数 5〜10年
施工単価 1,700~2,500円/㎡
シリコン塗料
耐久年数 7〜15年
施工単価 2,300~3,500円/㎡
フッ素塗料
耐久年数 12〜20年
施工単価 3,000~5,000円/㎡
塗料の種類 耐久年数 施工単価
アクリル塗料

3~8年

1,000~1,800円/㎡

ウレタン塗料

5〜10年

1,700~2,500円/㎡

シリコン塗料

7〜15年

2,300~3,500円/㎡

フッ素塗料

12〜20年

3,000~5,000円/㎡

【要注意!】外壁にこんな症状がでたらメンテナンスが必要かも!

ヘアクラック

ヘアクラックとはコンクリートモルタルやサイディングといった外壁の表面に細長いひびが入ることです。
髪の毛のように見えることからこのような名前がつけられています。この現象が見られる場合、塗膜の劣化が進行していることが考えられます。直ちに大きな問題が発生するおそれは低いですが、一度点検を依頼されることをおすすめします。

クラック

コンクリートモルタルの下地が割れることをクラックと言います。乾燥によるモルタルの収縮や建物の構造的な歪みによって生じる現象です。ヘアクラックよりも目立ち、損傷も下地に及んでいるケースもあるため、放置しておくとそこから雨水が侵入する可能性があります。クラックを見つけたら早めの対応が必要です。

チョーキング

チョーキングとは塗料が劣化することで壁全体にチョークのような細かい粉が吹く現象です。モルタルサイディング(窯業系サイディング)で発生します。塗膜が紫外線や熱で劣化して顔料が粉状に残ることが原因です。壁が粉っぽくなっていたり、触ったら指や手のひらに粉が付着したりしたらかなり塗膜の劣化が進んでいるサインと言えます。早急に点検を依頼し、必要に応じて外壁塗装工事を行いましょう。

シーリングの痩せ・ひび割れ

シーリングとはサイディングの外壁材の間を埋めるパテのようなものです。年月が経過するとこれも劣化して痩せやひび割れ、変形などの症状が現れるようになります。隙間から雨水が侵入するため、やはりこちらも早急に補修が必要です。

白サビ

金属製のサイディングに見られる現象です。鋼板を保護するメッキの腐食が発生することで、壁の表面に白く細かい粒が現れます。放置しておくとやがて下地の腐食にもつながるので、早めに塗り替えを行う必要があります。

外壁塗装工事の事例

天井の塗装
天井の塗装状況
外壁の塗装
外壁の塗装状況
外壁の塗装
外壁の塗装状況
(コンクリート打ち放し)
どんなことでもお気軽にご相談ください。
0120-11-5436
9:00 -18:00( 土 /日/祝日休 )