塗装工事

Painting work

浸水、汚れ、劣化を防ぐ塗装工事

浸水、汚れ、劣化を防ぐ塗装工事

塗装工事は外観のためと考える方も多いのですが、実際の目的は防水です。劣化した壁を補修し、汚れをつきにくくするためにも塗装は大切ですが、家の中に水が入り込むと家の構造だけでなく家全体が劣化することにもなりかねません。そのため、定期的な塗装工事が必要です。

塗装工事の代表的な例としては、外壁のひび割れ防止や防水に加え、手すりやベランダの鉄部分の腐食を抑えるための塗り替え工事があります。また、家の中の内壁や天井の塗装も、家を快適に保つために必要な工事です。

塗装工事の役割

塗装工事は、塗装する場所ごとに目的に違いがあります。そこでどういった塗装工事があるのかその種類を詳しくご紹介します。

外壁塗装工事

一般的に、塗装工事とは外壁塗装のことを指すことがほとんどです。外壁は直射日光や風雨に常にさらされていることから、劣化が進みひび割れや色あせが起こりやすい環境にあります。そのため定期的な点検をした上で、補修と塗装工事が必要です。環境にもよりますが、家を建ててから10年程度で塗装工事が必要だといわれています。

屋根塗装工事

常に直射日光や風雨にさらされている屋根も、定期的な点検と塗装が必要な箇所です。特に屋根は直接目で見て状態を確認する機会が少ないため、状況が分からないということが少なくありません。ただ、屋根の塗装を怠ると、ひび割れが発生した箇所から水が浸入し雨漏りを起こしてしまう可能性があります。また、雨によって塗膜が剥がれ、コケやカビが生えると防水効果が落ち屋根の劣化を引き起こしかねません。そのため、外壁塗装と同じく10年に一度の塗装工事が必要といわれています。

鉄部塗装工事

マンションやビルで外部に多く設置されている、鉄製の手すりやベランダに行うのが鉄部塗装工事です。風雨にさらされることが多いため、放置していると腐食が進み強度が落ちてしまいます。そのため、さび止め塗装を行う必要があります。鉄部の建材は塗装済みのものが使用されていますが、コーティング機能は5年ほどで劣化するため、早めの塗装が必要です。

内壁・天井の塗装工事

塗装工事では、外部だけでなくマンションやビル内部も塗装を行います。内壁や天井の塗装工事を行うことで、外部からの湿気や臭いの侵入を防ぎ、壁や天井の基礎を守ることになります。また店舗やオフィスなどの場合、塗装によって壁の汚れをつきにくくしメンテナンスしやすい環境にするための特殊塗装もおすすめです。

【要注意!】壁、屋根にこんな症状がでたら塗装工事の可能性大

塗装工事は定期的に行う必要があることを先にご紹介しましたが、実際には周りの環境によって劣化が早まることもあるため、「何年に一度塗装すれば大丈夫」という目安はありません。そのため実際に目で見て確認ができる外壁に、以下のような症状が見られたら早めに専門家の検査を受けるようにしましょう。劣化が進んで建材に雨が染みこみ、雨漏りが発生してしまってからでは手遅れとなり、大がかりな補修工事が必要になってしまいます。

  • チョーキング現象

    チョーキング現象

    外壁を手で触ると白い粉がついたら、塗料が水を弾きにくくなってきている証拠です。

  • ひび割れ

    ひび割れ

    外壁のヒビ(クラック)は見ただけで簡単に見つけることができます。
    補修するためには塗装をする前にヒビを埋める処理を行う必要があります。
    雨水などが浸入し易くなり建物の躯体を痛める原因となります。

  • 塗装の剥がれ

    塗装の剥がれ

    屋根の表面は普段はなかなかじっくり見る機会はありません。
    遠目から見て汚れが目立つ場合やコケなどが見つかった場合は塗料の防水性能が落ちてきている可能性があります。

  • 屋根の劣化:色あせ、コケの発生

    屋根の劣化:色あせ、コケの発生

    外壁と同じく風雨にさらされている屋根も、目で見て確認ができる劣化症状があれば専門家の点検が必要です。直接確認できる部分で、屋根表面に色あせがあり、屋根のすき間にコケが発生しているなら屋根が劣化していると考えられます。そのまま放置していると、水が入り込み屋根の劣化が進みます。

塗装工事の料金の目安

塗装工事は、塗装の範囲や使用する塗料のほか、業者によっても料金には違いがあります。そこで当社における料金の目安をご紹介します。

工事名称価格(1平方m)仕様
外壁塗装1,300〜1,800円シリコン塗料

※お客様の建物のご状況に合わせて内容が変動する場合はございますのでご注意ください。詳細な料金が知りたい場合「建物診断」後にお見積り書をお渡しできます。

大規模修繕工事の種類

大規模修繕工事には様々な種類の工事があります。ここでは代表的な工事6種目についてご紹介します。
外壁塗装工事の素材
仮設工事
建設工事の終了後は撤去される一時的な施設や設備の工事
躯体補修工事
躯体補修工事
ひび割れ、コンクリートの浮きの劣化箇所を補修する工事
シーリング工事
シーリング工事
外壁のコンクリートのつなぎ目をシーリング材で埋める修繕工事
塗装工事
塗装工事
主に外壁の塗装に関する工事
防水工事
防水工事
雨や雪、紫外線や風、熱などから建物を守り、防水保護する工事
外構工事
外構工事
建物本体以外の外部廻りの工事。
舗装工事、排水工事、植栽工事など。
どんなことでもお気軽にご相談ください。
0120-11-5436
9:00 -18:00( 土 /日/祝日休 )